突然君からの植毛で気が失念

あの日から途切れた犬のき毛

月別: 11月 2016

うちの近所はリアル書店盛況ですけどね

リアル書店の経営が大変なご時世のようです。

確かに町中の小さな書店は次々に閉店しています。

しかしそれは、書店に限ったことではないですよね。

小さな商店はどの業種も厳しいし、閉店も多いです。

そして、大きな店舗は逆に繁盛しているところもあります。

書店もしかり。

うちの近所にあるショッピングセンター内には、非常に大きな書店が何軒かあります。

書籍数がかなり多く、ほとんど手に入るといっても過言ではありません。

本は、手に取ったそのとき欲しいと思うのも多いんです。

いくらネット通販が便利になり、朝申し込んで夜には届く世の中になろうと、手に取ったその場で欲しいと思うその欲求には答えられません。

本との出会いの場として書店はいまでも需要は高いtと思いますよ。

市営の広い公園は気持ちがいいね

先日、家族で車で30分ほどのところにある、市営の広い公園へ行ってきました。

主人はいつも休みの日にランニングをするので、それの延長というかんじで公園でも走っていました。

いつもは川沿いの高低差のほとんどない平坦な道を走っているようなのですが、そこの公園は山や自然をそのまま生かしたような公園なので、普段にくらべるとかなりの高低差があったようです。

かなり膝に負担がかかり、年を感じざるを得ないと嘆いていましたが、やはり自然のなかを走るのは気持ちよかったようです。

また来週も行こうと張り切っている主人を見て、子供たちもまた広い公園で遊べると、喜んでいました。

お天気のいい日におにぎりでも持って、気軽にお出かけしたいですね。

実家に住んでる私の家族についての話

私は去年の夏から家族と離れて住んでいます。

私は昔から家族と離れるのがすごい苦手でした。

そんな私が本当に好きな人に出合い一緒に住み家族と離れることになりました。

実家には、母と祖父母が住んでいます。ずっと働いている母の代わりに祖父母に育ててもらったのです。

最近、祖父母どちらも体調が良くなく祖母はずっと家で仕事をしたりテレビをみて暇をしているらしいです。

祖父は不眠症で昼夜逆転してしまい、足がすごく痛いらしくてずっと祖母と喋りながら暮らしています。

2人とも体はしんどいみたいですが、2人ともが仕事に出なくなったことでずっと一緒にいれて楽しそうでなによりですね。

母は、やっと彼氏ができたみたいで通い妻をしていてあまり家にいないみたいですが、幸せならそれでいいと思います。

これが私の家族についての話です。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén