リアル書店の経営が大変なご時世のようです。

確かに町中の小さな書店は次々に閉店しています。

しかしそれは、書店に限ったことではないですよね。

小さな商店はどの業種も厳しいし、閉店も多いです。

そして、大きな店舗は逆に繁盛しているところもあります。

書店もしかり。

うちの近所にあるショッピングセンター内には、非常に大きな書店が何軒かあります。

書籍数がかなり多く、ほとんど手に入るといっても過言ではありません。

本は、手に取ったそのとき欲しいと思うのも多いんです。

いくらネット通販が便利になり、朝申し込んで夜には届く世の中になろうと、手に取ったその場で欲しいと思うその欲求には答えられません。

本との出会いの場として書店はいまでも需要は高いtと思いますよ。